kyonyの探訪記

茨城を中心に、交通や街並の風景をお届けします。毎週日曜更新、予定。

境明神峠<国道461号茨城・栃木県境>

f:id:kyony1024h:20200506163914j:plain
峠の路傍に立つ鳥居

国道461号の茨城・栃木県境には、境明神峠という標高213mの峠があります。この道は馬頭街道とも呼ばれ、古くから大子と馬頭とを結ぶ、重要な往来です。

境明神峠の名前の通り、峠頂上の路傍に鳥居が立っています。

f:id:kyony1024h:20200506163926j:plain f:id:kyony1024h:20200506163933j:plain
▲峠の頂上です。栃木県側にはおなじみのモニュメントが建っています。峠の向こう側は栃木県那須郡那珂川町(旧馬頭町)。

f:id:kyony1024h:20200506163939j:plain
▲路面にはキッチリ、管理境界が現れていますね。

f:id:kyony1024h:20200506171656j:plain f:id:kyony1024h:20200506164045j:plain
▲茨城側はイエローラインの2車線路。

f:id:kyony1024h:20200506163946j:plain
▲栃木県側はセンターラインが消え、少し道幅が狭くなります。峠下の盛泉集落へは、常陸大子駅から、茨城交通のバスが県境を越えて運行しています。

f:id:kyony1024h:20200506171649j:plainf:id:kyony1024h:20200506171653j:plain
▲峠の頂上には、盛泉線の「境の明神峠」というバス停があります。県越えの区間でありながら、思ったよりも本数があります。

f:id:kyony1024h:20200506163952j:plain
▲峠を栃木側へ越えてすぐのところに、背の低い鳥居が立っています。

f:id:kyony1024h:20200506163920j:plain
▲鳥居しか確認出来ませんが、林の中に道みたいなものがあるので、ひょっとしたら斜面を登っていくと神社があるのかも。

f:id:kyony1024h:20200506164001j:plain
▲道?なのか?という斜面を登っていきます。斜度は結構きついです。

f:id:kyony1024h:20200506164007j:plain ▲ほこらが見えました。明神様でしょうか。

f:id:kyony1024h:20200506164025j:plain
▲本当に小さなほこらです。峠の斜面の上から交通安全を見守ってくださっています。

f:id:kyony1024h:20200506164030j:plain
▲すべりながら、なんとか斜面を降りていきました。

取材時期:2020年5月