kyonyの探訪記

茨城を中心に、交通や街並の風景をお届けします。毎週日曜更新、予定。

静岡県沼津市

f:id:kyony1024h:20200430203836j:plain
貫山から望む沼津市街の夜景

静岡県東部に位置する沼津市。人口は約20万、駿河湾に面した沼津港で有名なこの街は、人口規模約50万の沼津都市圏の中心都市でもあります。

沼津市中心市街はJR沼津駅を北端に、南へと延びています。市街で最も賑やかな「仲見世商店街」は天蓋式のアーケードがかかり歩行者天国となっていて、非常に歩きやすい通りとなっています。市街地の目抜き通りである「さんさん通り」にも、歩道にはアーケードが整備されています。駅前から離れると、昔ながらの面影を遺す商店街も広がっています。

駅北側は「リコー通り」を中心に、中小商店が軒を連ねます。市街地で唯一の大型店である「イシバシプラザ」はリコー通り沿いに立地。またJR線路沿いには歓楽街も広がっています。


沼津駅周辺

f:id:kyony1024h:20200430204220j:plain ▲街の玄関口、沼津駅南口。駅ビルはアントレ。東海道本線が通っています。沼津には新幹線が通っておらず、ひとつ東隣の三島駅で乗り換えです。

f:id:kyony1024h:20200430204455j:plain沼津駅南口の再開発ビル「イーラde」。スーパーや飲食店が低層部に、上層には高層マンションが配置されています。

f:id:kyony1024h:20200430204834j:plain沼津駅南口バスターミナル。観光地の沼津港へは、0番乗り場のバスで約10分ほど。広域だと、三島市街や伊豆長岡駅前までバスで結ばれています。

f:id:kyony1024h:20200430205226j:plain ▲取材当時、先ほどのバスターミナルの東隣にあったのが富士急シティバスのバスターミナル。現在はロータリー内のバスターミナルに統合されました。モスバーガーの入居する建物は、2019年11月まで営業していた富士急百貨店。この取材日の翌々日にはモスバーガーも賃貸借契約が終了し、12月よりこの建物の解体が始まったようです。

f:id:kyony1024h:20200430210322j:plain沼津駅南口交差点角に立地する「沼津ラクーン」、アミューズメント施設です。この建物はもともとは「西武沼津店」の新館でしたが、2013年に閉館しました。

f:id:kyony1024h:20200501233117j:plainf:id:kyony1024h:20200501234343j:plain ▲こちらは2008年頃の風景。西武沼津店が営業していた当時です。駅ロータリーに面した本館があり、新館(現在のラクーン沼津)とは通路で結ばれていました。

仲見世・新仲見世周辺

f:id:kyony1024h:20200430210828j:plain ▲イーラdeの南入口と道路を挟んだ向かい側には、仲見世商店街の北入口があります。

f:id:kyony1024h:20200430210707j:plainf:id:kyony1024h:20200430210855j:plain仲見世商店街。この通りは「パルナード」という名称があります。天蓋式のアーケードがかかっており、雨でもぬれずに買い物ができます。通りは歩行者天国になっています。

f:id:kyony1024h:20200430211242j:plain仲見世「一番街」。

f:id:kyony1024h:20200430212556j:plain仲見世「コミナード」。

f:id:kyony1024h:20200430213028j:plainf:id:kyony1024h:20200430213158j:plain仲見世通りは旧国一通りまで。道を挟んで新仲見世商店街が続きます。

f:id:kyony1024h:20200430213220j:plainf:id:kyony1024h:20200430213226j:plain ▲アーケードは古めですが、こちらも天蓋式で、かつ歩行者天国となっており、歩きやすい商店街です。

f:id:kyony1024h:20200430215038j:plainf:id:kyony1024h:20200430215055j:plain ▲新仲見世を抜けると銀座通り商店街となります。タイル貼りの街路となっています。

さんさん通り

f:id:kyony1024h:20200430213443j:plain沼津駅前から沼津港へと至る目抜き通りの「さんさん通り」。駅から大手町交差点の通り沿いには「大手町商店街」が広がっています。歩道にはアーケードがかかっています。

f:id:kyony1024h:20200430213658j:plain ▲さんさん通りと旧国一通りが交差する大手町交差点。

f:id:kyony1024h:20200430214252j:plainf:id:kyony1024h:20200430214259j:plain ▲大手町交差点以南は「上土(あげつち)商店街」が引き続き広がっています。こちらにもアーケードがかかっていますね。

f:id:kyony1024h:20200430214701j:plain ▲上土商店街に面した「沼津リバーサイドホテル」の一室から商店街を俯瞰。

f:id:kyony1024h:20200430214734j:plain ▲通横町交差点、上土商店街の南端。角にはスルガ銀行本店が立地しています。

f:id:kyony1024h:20200430220333j:plain沼津市街を流れる狩野川。河川敷は整備されており、市民の憩いの場になっています。

アーケード名店街

f:id:kyony1024h:20200430215413j:plain ▲銀座通り商店街の西側の通りにあるアーケード名店街。

f:id:kyony1024h:20200430222631j:plainf:id:kyony1024h:20200430222649j:plain ▲戦後の1953年に整備され、かつては沼津でもっとも賑やかな通りだったようです。現在も「ついたち市」や「朝市」では多くの人出で賑わいます。

f:id:kyony1024h:20200430222727j:plainf:id:kyony1024h:20200430223648j:plain ▲歩道部の上にせり出した2階・3階部が特徴的ですね。角が丸みを帯びているのも、共通的な造りのようです。

沼津駅北口周辺

f:id:kyony1024h:20200430223906j:plainf:id:kyony1024h:20200430224125j:plain f:id:kyony1024h:20200430224420j:plainf:id:kyony1024h:20200430224434j:plain沼津駅北口駅前。北口の整備事業は2002年に完了しました。

f:id:kyony1024h:20200430224338j:plain ▲「BiVi」。北口駅前に立地する商業施設。

f:id:kyony1024h:20200430224453j:plain沼津駅北口駅前遠景。

f:id:kyony1024h:20200430230039j:plain ▲「プラザヴェルデ」は静岡県のコンベンション施設。BiViの隣に立地しています。2014年開館。

f:id:kyony1024h:20200430230917j:plain沼津駅北口交差点から北へと延びる通り。ビジネスホテルや住宅が建ち並んでいます。

f:id:kyony1024h:20200430230910j:plain ▲山神社。高島公園と隣接しています。

f:id:kyony1024h:20200430231226j:plain沼津駅北口駅前を東西に延びる通り。リコー通りとの交差点の歩道橋より。

f:id:kyony1024h:20200430230206j:plainf:id:kyony1024h:20200430230213j:plain沼津駅北口側のメインストリート「リコー通り」。沿道にはリコーの工場があります。アーケードが設けられており、通りには商店が建ち並んでいます。

f:id:kyony1024h:20200430230328j:plain ▲リコー通りから東海道線をくぐって沼津駅南側へと至る「あまねガード」。沼津市街には、東海道線を南北に通過できる通りがこれを含め3つしかなく、歩行者も同じ状況です。沼津駅周辺の南北往来はちょっと不便です。

f:id:kyony1024h:20200430230811j:plain ▲「イシバシプラザ」はイトーヨーカドーをメインテナントとするショッピングモール。リコー通り沿いに立地。

f:id:kyony1024h:20200430231415j:plain ▲県東部総合庁舎。イシバシプラザの裏手に立地。

f:id:kyony1024h:20200430232428j:plain f:id:kyony1024h:20200430232439j:plainf:id:kyony1024h:20200430232452j:plain f:id:kyony1024h:20200430232603j:plain ▲線路近くの高島町界隈には歓楽街が広がっています。

訪問時期:2019年11月