kyonyの探訪記

茨城を中心に、交通や街並の風景をお届けします。だいたい毎週日曜更新、予定。

いわき駅

f:id:kyony1024h:20200608222425j:plain
いわき駅の夜景

福島県浜通り地区最大の都市=いわき市の玄関口・いわき駅いわき市は面積が広く、市役所が置かれているのは当地=平地区であり、この駅も1994年までは平駅という駅名でした。

常磐線では運行系統上区切りとなる駅であり、当駅で終点となる列車がほとんど。常磐線特急「ひたち」の大半は当駅で終点となります。また郡山方面へと至る磐越東線の起点でもあります。


利用できる路線

常磐線 磐越東線

南口駅前

f:id:kyony1024h:20210410183339j:plain
f:id:kyony1024h:20210410183523j:plain
いわき駅は2007年に今のような橋上駅舎となりました。2009年には駅ビルが開業し、駅周辺の改良事業が完了しました。

f:id:kyony1024h:20210410183300j:plain
いわき駅南口を出たところ。ペデストリアンデッキが整備されています。

f:id:kyony1024h:20210410183406j:plain
f:id:kyony1024h:20210410183412j:plain
f:id:kyony1024h:20210410183418j:plain
f:id:kyony1024h:20210410183444j:plain
▲バスターミナルが併設されています。市内便のほか、東京・仙台・福島・郡山・会津若松などへの高速バスが発着します。

f:id:kyony1024h:20210410183627j:plain
▲駅正面から「駅前大通り」が延びています。国道399号に指定されています。

f:id:kyony1024h:20210410183931j:plain
▲LATOV(ラトブ)は新駅が完成したと同時にオープンした複合ビル。低層階に商業テナントが、高層階には図書館などの公共施設が入居しています。

f:id:kyony1024h:20210410183720j:plain
f:id:kyony1024h:20210410183726j:plain
▲駅には南北を往来できる自由通路が設けられています。

北口駅前

f:id:kyony1024h:20210410184212j:plain
f:id:kyony1024h:20210410184224j:plain
▲北口駅前は住宅が広がります。正面の丘は磐城平城の本丸跡。

f:id:kyony1024h:20210410184125j:plain
f:id:kyony1024h:20210410184144j:plain
▲北口。一般車乗降場とタクシー乗り場があります。

改札前

f:id:kyony1024h:20210410184351j:plain
いわき駅の入口。

f:id:kyony1024h:20210410190246j:plain
みどりの窓口と観光案内所。観光案内所のところにはかつて、びゅうプラザがありました。

f:id:kyony1024h:20210410184606j:plain
▲改札横には近距離券売機、多機能券売機、指定席券売機が1台ずつ設置されています。

f:id:kyony1024h:20210410184612j:plain
▲都区内へは3,740円、水戸へは1,690円です。

f:id:kyony1024h:20210410185633j:plain
▲改札口は一箇所。フルカラーLEDの発車標が設置してあるのは主要駅たる証拠です。

f:id:kyony1024h:20210410185815j:plain
▲この日は東北新幹線が災害で運休しており、仙台行きの快速列車が運転されていました。

改札内

f:id:kyony1024h:20210410185221j:plain
f:id:kyony1024h:20210410185934j:plain
f:id:kyony1024h:20210410185227j:plain
▲橋上部分。同時期に建てられた友部駅とそっくりです。

f:id:kyony1024h:20210410185256j:plain
f:id:kyony1024h:20210410185301j:plain
▲改札付近。指定席券売機と精算機が1台ずつ設置されています。

f:id:kyony1024h:20210410185420j:plain
▲橋上部山側には、あとから設置された待合室があります。

f:id:kyony1024h:20210410185533j:plain
f:id:kyony1024h:20210410185537j:plain
▲1・2番線階段付近。ホーム上でもフルカラーLED発車標が設置されるようになりました。

f:id:kyony1024h:20210410190447j:plain
E657系特急型電車。東京といわきを約2時間半で結びます。

f:id:kyony1024h:20200608232445j:plain
▲郡山方面へと至る磐越東線ホーム。キハ110系が主力です。

f:id:kyony1024h:20210410190700j:plain
▲昼間はほとんど便が無く、ひっそりとしている5・6番線。

f:id:kyony1024h:20200608232706j:plain
f:id:kyony1024h:20210410190053j:plain駅名標。もともとひらがなの駅名でひらがな部分の表記がないので、他の駅の駅名標よりもスッキリしています。

f:id:kyony1024h:20200608232601j:plain
▲ちょっと前まではホーム上に水飲み場がありました。

ちょっと昔のいわき駅

f:id:kyony1024h:20200608223638j:plainf:id:kyony1024h:20200608223646j:plain
▲2007年10月頃のいわき駅、まだ旧駅舎での営業でした。このとき既に旧駅ビルのyanyan(ヤンヤン)は営業を終えていました。

f:id:kyony1024h:20200608231505j:plain
▲2008年1月頃のいわき駅。新橋上駅舎での営業が始まりましたが、駅ビルは建設中だった頃。

取材時期:2021年2月、一部2012年