kyonyの探訪記

茨城を中心に、交通や街並の風景をお届けします。だいたい毎週日曜更新、予定。

岩手県宮古市

f:id:kyony1024h:20190728140755j:plain:w500
宮古市街俯瞰

宮古市は、岩手県の中部、三陸海岸沿岸に位置し、久慈市釜石市とともに沿岸側の拠点都市として発展しています。

閉伊川の河口付近、宮古駅を中心とした中心市街地が広がっています。

宮古駅周辺


▲山田線宮古駅。山田線は盛岡とを結ぶ山岳路線。2019年3月に、当駅以南(釜石まで)がJRから三陸鉄道に移管され、山田線は当駅止まりとなりました。


宮古駅の東隣には観光案内所が設けられています。


▲キャトルは、宮古駅南側にある大型商業施設。2002年までは宮古サティの建物で、居抜きのために当時の面影を遺しています。


三陸鉄道宮古駅三陸鉄道はリアス線を運営する鉄道会社。リアス線は岩手県沿岸を南北に縦断する路線で、2019年3月に山田線宮古~釜石間が三陸鉄道へ移管されたのを機に、旧山田線区間宮古~釜石)・南リアス線(盛~釜石)・北リアス線宮古~久慈)を統合して、リアス線に改称されています。


宮古駅前。綺麗に整備されたロータリーが広がっています。

駅前通り。この通りは県道138号として整備されています。歩道幅も広く、とても歩きやすいです。

駅前通りと東西に交差するこの道路は、盛岡との往来である国道106号の旧道にあたります。この通り沿いに商店街が発達しています。

中心商店街



▲先ほどの交差点から東に進むと、個人商店が建ち並ぶ末広町界隈。道路は東向き(海方面)に一方通行。


▲大通界隈は先ほどの末広町のひとつ南のエリア。飲食店が多く建ち並びます。


▲雑然とした細い路地もあります。


末広町の北側に位置する保久田・黒田町界隈。商店もありますが住宅がメイン。


▲栄町界隈。駅前通りより西側は電線地中化された整備された街並みとなっています。


宮古市役所。国道45号沿いに立地。


▲国道45号の往来。

取材時期:2017年5月